読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fragments of Works

仕事で便利!と思ったことや、もろもろの忘備録。さて。さてさてさて。

アドベントカレンダーっておいしいの?って聞かれたので全力で答える!

アドベントカレンダー誘われちゃったあなたに

11月に入ると方々で「アドベントカレンダー」参加者募集の声が掛かり始めますよね。それでも初めてだと「アドベントカレンダーってなに? それ? おいしいの?」ってなるじゃないですか。

これは、なんだか知らないけど「アドベントカレンダー」に参加しない?って誘われちゃった人のための文章です。

アドベントカレンダーとは

12月1日からクリスマス(24日)までをカウントダウンするカレンダーです。1日1日が小さなボックスになっていて、開けると小さいおもちゃやお菓子などが入っているのです。アドベントカレンダーで画像検索をすると、たくさん出てくるので、見たことはあるはず。

この方式にちなんで、12月1日から25日まで、日替わりであるテーマに基づいてみんなで1日ずつ文章を書いていくのも、アドベントカレンダーと呼んでいます。

どうやるの?

いろんな方法がありますが、はじめは図のように、1日めにブログ記事を書いた人が、2日めは◎◎さんです……と次の人のブログにリンクを貼ったりする方法があります。リンクで1日めから25日めがつながっています。

f:id:nsoto:20141117080756p:plain

誰が何日に何を書くかは、エクセルなどに書いておいたりします。

もっとスマートに

で、これをもっとスマートにするのが、AdventarなどのWebサービス。管理の方法はサービスごとに違っているので、ここではAdventarを例に。

Adventarは何をしてくれるかっていうと、さっきの図の「誰が何日に何を書くか」っていうのを管理してくれます。同時に書けたらそのページへのURLを入れることができるので、リンクの一覧表にもなります。

図にすると、こんな感じです。

f:id:nsoto:20141117081424p:plain

これだと、Adventarのカレンダーを見ると、1日めから25日めまでもれなく順番にブログを読んでいくことができます。

ミニQ&A

Adventarを使って書く場合に受けた質問と回答を書いておきます〜。

  • 私は12月のこの日にWSDを思って日記を書くわと宣言して、当日、約束通り日記を書いてURLを貼り付けるという認識であってますか?

あってます! その通りです!

  • これって公開範囲は世界中?それともメンバー間だけ?

Adventarは普通のサイト、ブログも普通のWebページなので、公開範囲は「世界中」です。検索サイトでも検索できます(検索する人がいれば)。

  • facebookのノートとかも、自分の書く日記として使えます?

使えます。ノートは公開範囲というのものがあります。これを「全体」(地球のマーク)にしておかないと、Facebookの友達や、登録がある人しか読めなくなってしまうので、ご注意を!

まとめ

アドベントカレンダーは書籍などの出版物ではないので(出版社の企画もあるかもしれないけれど)、どちらかというとテーマもざっくりしたキーワードのものが多いです(中には特定の職業とか、団体に属していることなどが参加資格になっていることもあります)。

文章だけではなく、写真やイラストのアドベントカレンダーもあります。例えば、冬らしい写真とか、寿司とか。寿司はその日に寿司を食べて、その写真をアップするようです。

つまり、参加している人がそのカレンダーを埋めていくことをお祭りのように楽しむ……というのが大きな趣旨だと思います。そして、たまたまそのテーマに興味のあった人や、偶然、検索サイトで見つけちゃった人が読んで楽しむ。

そのような軽いノリなので、Adventarで興味のあるテーマで、参加資格があれば、気軽に参加してみることをおすすめしますよ〜。